新しい機種が発売されると古い機種は不要となり、手元に置いておいても役にはたちません。そこで各キャリアでは不要となった機種を下取りするサービスを行っています。不要なスマホを現金やポイントに交換し、実質的な負担額を減らして新機種への乗り換えを促しています。しかしながらキャリアでの下取りは金額的にメリットが少なく、その場での現金化ができません。下取り金額を毎月の支払い額から値引きするサービスを行っていることもありますが、途中で解約してしまうと残りの期間の割引は消滅してしまいます。そのような中で人気を集めているのが中古ショップでの買取です。中古ショップには相場があり、価格の上下が激しいのが特徴です。人気の機種は高く取引されており、その場で現金化できるのが魅力です。

スマホを買取に出す前に行なうべきこと

中古ショップへ買取に出す前に必ず行なうべきことがあります。まずはデータの初期化です。店舗でも初期化してくれることはありますが、基本的にはデータの初期化は自分で行います。中に入っているSIMカードを抜いておくことも忘れないようにしましょう。店舗ではその端末の所有者であることを必ず確認しています。たとえ家族であっても本人でなければ受け付けてくれません。従って店舗へは本人が訪れるようにして下さい。店舗に渡すと動作確認を行いますので、ある程度は充電をしておきましょう。バッテリーが残り少ないと査定に時間がかかってしまいます。オンラインの査定ではパスコードのロックを解除することも忘れないようにしましょう。また「iPhoneを探す」をオフにすることは必須です。

スマホを高く売るためのポイント

少しでも高く売るためには幾つかのポイントがあります。端末は少しでも綺麗な方が、高値が付きますので、クリーニングクロスやウェットティッシュなどをつかって丁寧に汚れを拭き取りましょう。ボタンやイヤホンジャック、充電端子やSIMトレイも綺麗に掃除しておきましょう。少しでも査定額を高くするには付属のパーツを全て用意することも大事です。箱や説明書やケーブル類、アダプターやイヤホンなども全て揃えておきましょう。スマホを購入したときは将来的に売ることを考慮して、付属のパーツは大事に保管しておきましょう。また端末にもできるだけ傷が付かないように注意して使用しましょう。シリコンカバーや保護フィルムを使えば傷が付くのを防止できます。背面にも保護フィルムを貼れば裏側の傷も防げます。